防犯カメラ・監視カメラのことなら日本防犯ドクターにお任せください

敷地内に入らせないセンサーシステム

  • 食品工場などでは、製造現場へ関係者以外が自由に出入りできないよう、入退室管理システムの導入がおすすめです。さらに、金庫や重要書類などがある事務所内には、人感センサーを配置し、自動通報とセンサー連動でのカメラ録画を行うことで、証拠撮影が可能です。
  • このように、設置場所にあわせたセンサーと防犯カメラを組み合わせることで、侵入させないセキュリティを行うことができます。

  • マンションをはじめ、工場・倉庫、建設現場や資材置き場、大型駐車場など広い敷地の場合、侵入者はどこから入ってくるかわかりません。このような、広範囲をカメラだけでカバーするのは大変難しく、死角ができてしまいます。
  • 泥棒がターゲットを選ぶ判断基準は「侵入しやすいかどうか」です。では、ターゲットにならないためにはどうしたらよいか。セキュリティを高くすることで侵入しにくいことをアピールすれば、下見の段階で犯行をあきらめます。
  • 広い範囲のセキュリティに適しているのが、センサー機器です。敷地を囲むフェンスや壁にはフェンスセンサーを、また、乗り越えを検知するためには上部に赤外線センサーを設置。さらに死角をなくすために、防犯カメラを取り付けることで抑止力を高めることができます。

  • 当社で取り扱っているセンサーシステムは安心の国産「TAKEX」製。設置場所や検知目的に合わせて様々な製品がそろっています。防犯カメラだけでなくセンサーを組み合わせたシステムのご提案も行っておりますので、お気軽にご相談ください。


日本防犯ドクターは国内メーカーはもちろん、各種メーカーの商品を取り扱っています
本サイトの価格表示には全て8%の消費税が別途掛かります。