防犯カメラ・監視カメラのことなら日本防犯ドクターにお任せください

防犯カメラ設置時の流れ

設置するカメラに対応した映像ケーブルおよび電源ケーブルを録画機と電源ボックスまで配線します。配線したケーブルの両端に接続する機器に対応したコネクタを取り付け加工します。ケーブル配線は、カメラの台数分行います。

防犯カメラを壁面や天井などに設置し先に配線したケーブルを接続します。

監視を行う場所に録画機を設置し、カメラからの映像ケーブルをすべて接続します。モニターを設置し、録画機と接続します。

カメラからの映像が正しく表示されるかを確認し設置した録画機の録画設定等を行います。録画機は、常時録画以外に時間設定による録画、動きがあった時だけ録画する設定など、効率的に管理することができる様々な設定が装備されています。ご要望に合わせた設定を行います。

接続したカメラ映像を確認しならがら、各カメラの画角・映像の調整を行います。 カメラによっては、逆行補正やフリッカーレス機能、デイナイト機能、電子感度アップ機能など様々な機能を搭載しているものもあります。

最終的に防犯カメラシステム全体の微調整を行います。また、遠隔での監視を行う場合には、ネットワークルータの設定から遠隔にて確認するパソコンおよびスマートフォン等の端末のネットワークの設定を行います。


日本防犯ドクターは国内メーカーはもちろん、各種メーカーの商品を取り扱っています
本サイトの価格表示には全て8%の消費税が別途掛かります。